小学館 RECRUITING 2017小学館 RECRUITING 2017

これから芽立つ新入社員の一問一答

佐々木 俊典 マーケティング局「コミック営業一課」 2015年入社 法学部卒佐々木 俊典 マーケティング局「コミック営業一課」 2015年入社 法学部卒

「芽立つ」ために今、自分がするべきだと思うことは?

A.何をおいても担当している雑誌の売上数増に貢献することだと思います。編集部から「アイツのおかげで雑誌が売れた」といってもらえるような営業を目指し、先輩の技を盗もうとしたり、購読者層の分析をしたり、担当雑誌を読み込んだりしています。

入社して「これが小学館らしさなんだ」と実感したのは?

A.編集部の人と販促施策について話し合うのですが、自分のアイデアが採用された瞬間はとても嬉しいです。誰もが真剣にまんがのことを考えていて、新人の私にも真摯に向き合ってくれる。そうした人たちと一緒に仕事ができること自体が喜びそのもので、この環境が「小学館らしさ」なんだと思います。

仕事をするうえで大切にしている「マイルール」は?

A.初めて聞いたことはメモを取る。ルーティーンな仕事こそミスがないよう気を付ける。かかってきた電話は一番に取る。いろんな雑誌を読む。他の雑誌でウケた企画が自分の担当している雑誌に活かせないか検討する。健康に気を付けて残業する…。これ以上、書ききれません(笑)。

「目標とする人」に対して、そのどこに惹かれていますか?

A.直属の上司であるコミック営業一課の課長を大リスペクト! 数字や企画の良し悪しを見極める力、誰とでも打ち解ける気さくな人柄、いざという時に助けてくれる優しさなどなど、その理由は挙げればキリがありません。部下でいられる間にたくさんのことを学びたいです。

入社後すでに失敗したことと、その乗り越え方は?

失敗はほとんど毎日のように何かしら…。会議室の予約間違いみたいな初歩的なミスから、あまり人にいえないようなことも……。繰り返さないようにミスしたことは必ずメモに残し、PC周辺に貼り付けておきます。「乗り越えた」といえるまでには、まだ時間がかかりそうです。

「小学館で実現させたい」と思っていることは何ですか?

A.小学館が生み出すコンテンツを、形にとらわれることなく世界中に発信していくこと。まんが、文芸、ノンフィクションなど、もっと多くの人に楽しんでもらいたいです。それにはまず「今の自分にできること」を完璧にこなせるようにならなくては! と思っています。

佐々木 俊典 は、こんな人

大学時代は文芸サークルに所属し、本が好きすぎて小学館に入社。主な業務は、コミック雑誌の発行部数を決めたり、販促施策を考えること。また、販売会社や書店、コンビニの担当者とは、配本数の交渉や売込も。現在は『Cheese!』『ベツコミ』『ビッグコミックスペリオール』『コロコロイチバン!』を担当。
『Cheese!』についての詳しい情報はこちら
『ベツコミ』についての詳しい情報はこちら
『ビッグコミックスペリオール』についての詳しい情報はこちら
『コロコロイチバン』についての詳しい情報はこちら

誕生日プレゼントに、と友人からもらった手製のブックカバー。毎日かばんの中に入っています。