小学館 RECRUITING 2017小学館 RECRUITING 2017

これから芽立つ新入社員の一問一答

山脇 祐太郎 広告局「雑誌プロモート室」 2015年入社 文学部文学科卒山脇 祐太郎 広告局「雑誌プロモート室」 2015年入社 文学部文学科卒

「芽立つ」ために今、自分がするべきだと思うことは?

A. 毎日の仕事で基礎をしっかり身につけつつ、仕事一辺倒にならないようプライベートを積極的に充実させて、人生の肥やしになるような体験を積むこと。それを活かし、既存の概念にとらわれない広告提案ができるクリエイティブな人間になりたいです。

入社して「これが小学館らしさなんだ」と実感したのは?

A.会社が「性善説」に基づいていることです。新人の私に『AneCan』という雑誌を担当させていることこそ、社員を信頼している証だと思います。今は、毎日うまくできないことばかりで先輩にカバーしてもらっている状態なので、早く一人前になり、真の信頼を手にしたいです。

「出版社で働く自分」に対して重要だと思うことは?

A.話が面白いこと。出版社に勤めると、作家や広告主など外部の人との交流が多く、そのたびに話のスキルが求められていることを実感しています。社内の雑談でもみんなが無意識に「楽しませよう」とする雰囲気があり、しかも笑いに厳しい(笑)。自分もエンターテイナーになるべく毎日修業中です!

周りを見ていて「一緒に働きたい」と感じるのはどんな人?

A.真面目な人。仕事を頼まれた時、100でいいところを120のクオリティまで「つい、やってしまう人」です。職人肌で、不器用な面があったとしても、本当に一生懸命な人と一緒に働きたいと思います。24時間、仕事のことを考えるくらい本気の人が好きです。

「目標とする人」に対して、そのどこに惹かれていますか?

A.周りの先輩たちに学ぶべきところが多く、憧れの存在です。広告局は人数の多い部署なのでいろいろなスタイルの人と一緒に仕事ができ、服のセンスがいい、所作が美しい、メールが的確なのに紋切り型ではない、仕事が丁寧なのに早いなど、それぞれに惹きつけられるところがいっぱいです。

就職活動中の学生にどんなことを伝えたいですか?

A.入社して「自由な社風」を肌で感じています。固定概念をぶっ壊して挑んでみてください。出版不況といわれていますが、そこから反転攻勢にうって出るべく日夜闘っています。「天下を取ってやる!」くらいの勢いで闘志を燃やしている、ハングリーな仲間が増えて欲しいです。

山脇 祐太郎 は、こんな人

『AneCan』担当。雑誌広告をつくる過程で、広告主からの要望を編集部に伝え、またその要望に対する編集部からの答えを広告主に伝え、広告主と編集部のコミュニケーションを円滑にするのが役目。企画立案やイベント運営を担うことも。長崎&神戸育ちで、座右の銘は「愚直に、地道に、徹底的に」。
『AneCan』についての詳しい情報はこちら

夜の街の風景が好きです。夜、ゆったりとジョギングしながら東京タワーなど街の夜景をぼんやり眺めると、すごくリフレッシュします。